ほんとにありがとうしかない

明日バイトでもう寝なきゃいけないんだけど、なんかこの気持ちを言語化したいから書きます〜

 

今日、久々に高校の友達と二人で遊んだのね。

 

その友達は趣味が合って一緒にその趣味をやったりしてたんだけど、すごーく仲良いって感じではなかった。

 

もちろん仲いい子って認識はあったけど、親友までいかない感じ。普通に仲良くしてくれる子。

 

一度、大学生になって遊ぶ約束してたけど、その子が風邪引いちゃって結局流れた。

 

私も連絡しなかったし、その子からも連絡来なくて。ああ、私だけ遊びたかったのかなとか、本当は私と遊びたくなかったかなって思ってた。

 

場所も内容も特に希望がないみたいだったから、私に決める決定権があったんだけど、「この子は何が好きなんだろう?何が嫌いなんだろう?」「私といて楽しんでくれているかな?」って不安になることもあったのね。

 

で、今日卒業して約3年ぶりに2人であったんだけど、普通に、普通以上に楽しかった。です。

 

話すテンションは相変わらず変わらない感じだったの。お互いにペラペラしゃべる感じ。

 

私が変わったのか相手が変わったのかは分からないんだけど、今までより相手のことを知れたし、自分のことも知ってもらったし、受け入れたし、受け入れてもらった感じ。すごく満たされたような嬉しい感じがした。

 

お互いが思ってることとか行動の基準とか、価値観が一緒だったりとか、ちょっと人に言いづらい暗い過去とか、普通に他愛もない話とか、いろいろした。

 

今まではわりと表面的な会話、この人カッコいいとか、どこに行った〜とか、そういう話題をしてた。

 

今日はそういう話題+ちょっと暗い過去のこと、辛かった・理不尽だったこと、今はこういう感じで生きてるとか。

 

そういう話ってある程度話せるなって人にしか話さないじゃないですかー

 

私は前までその子にどこまでそういう話をしていいか分からなかった。

 

多分ちょっと引かれるかなとか、「あ…そうなんだ…」みたいな反応されるんじゃないかって不安だったのね。

 

だけど、そういう話をしてもその子はちゃんと聞いてくれるし、受け止めてくれるし、「それは絶対違うよ」とか干渉してこない感じが心地よかった。逆にその子もそういう話をしてくれて嬉しかった。

 

暗い×暗い話をすると、ズドーンって空気が重くなってそこから抜け出せなくなることってないですか?その人と会うといつも愚痴ばっかりとか。何言っても、でも、だって、しか言わないとか。

 

今日感じたのは、お互いが同じような温度で、同じような方向を向いて(暗くなりすぎない)、同じように相手を受け入れあってる感じがして、なんか楽しく話せた。

 

ほんとに帰り際が惜しくて、素直にもっと話したいなって思った。

 

家に帰ってからも、楽しかったなーってすごく安定した気持ち。その子の友達(男)のことを前から気になってて、今日情報収集できたらいいなって思ってたけど、そんなことどうでも良くなるくらい楽しかった。

 

それだけです。