わたしはオロナインをつけたソイジョイです

とある就活本のOK回答らしい。検索してもらえば著者と書籍が出てきますが、なんともアホらしいというか、ウケ狙いなのか、よく分からない回答じゃないですか。

 

この話題が出る前に、本屋でこの人の就活本見たことあるんですよ。めっちゃ売れてる!みたいなこと帯に書いてあったんでパラパラ見てたら、

 

「これ本気で言ってんのか、、、?」

 

ってなりました。話題になってる、「わたしはオロナインをつけたソイジョイです!」とか、、、もう、、、

 

この「私は〜です!」っていう「私は、おきあがりこぼしです!」「私はスポンジです!」とかいう表現自体が気持ち悪くてゾワゾワしちゃいます。それがオロナインをつけたソイジョイですって、インパクトはあるけどもはや意味不明。ゾワゾワする。

 

なんでこの本が売れてるのか全く分からない。

 

あと、就活に関して。(以下完全な愚痴です)

 

この前キャリアセンター行ったときに、自己PRかガクチカの添削をしてもらったんですよ。で、確かその時の話題がバイトの話で、新人がどんどん辞めていくからその状況を変えたいと思ってやったことを書いた内容の文章を見てもらってたんです。

 

「私さんはなんでこの状況を変えようと思ったの?(^ν^)せっかく入った新人がやめると人件費がペラペラ」

 

「は!?入って3日目でお局にしごかれながら職場の人件費について考える新人バイトなんてどこにいんだよ!!」

 

と思いました。この背景については言ってないので、キャリアセンターの人が知らないのも当然なんですが。なんか。そりゃ経営者とか上に立つ人間からしたら、人件費問題は重要ですけど、私まだ新人だったし、、、人件費いくらかなんて知らないし、、、

 

内定もらった人の自己PRとかガクチカってだいたい大会優勝とかリーダーとかアフリカ行ってボランティアしたとかじゃないですか。よく、「すごいことなんて書かなくていい。それは自慢になるだけ。普通のことでいい」って言うけど、結局フタを開けたらこんな話ばっかりじゃん!!どうなってんの!!

 

多分、普通の話でも言葉の選び方とか、文章の構成で変わってくるんだと思うんです。ただ、就活サイトの内定者自己PR、ガクチカって、もうほとんどすごいエピソードしかないんですよ。なんですかこれ。凡人大学生にはこんなエピソードないです。はぁ。

 

1Dayインターンのグループディスカッションも面倒くさい。正直。初対面の人と「はじめまして〜〇〇大学から来ました△△です〜よろしくお願いします!」めんど。めんど。

 

この前行ったアパレルは、わりとアパレルの中でも穏やかな会社なんですが、まー大人しい人の多いこと!私も大人しい方ですが、それでもこっちから何か言わないと無言みたいな人多くて。笑顔で答えてくれるのはいいけど、聞かれっぱなしとか。コミュニケーション取りたくないのかな。はは。そこの会社だけ特殊だったな。最後にせっかくなんでLINE交換しましょうっていわれて、「え!LINE?(笑)」と思ってしまった。そこまで親しく話した覚えない。結局一度もLINEしてない。

 

インターン6社くらい言ってるんだけど、GWに慣れたのは良かったです。ただ自己紹介はやっぱり面倒くさいです。