笑顔至上主義で人は幸せになれるのか

なんだこの論文みたいなタイトル。ただの愚痴です。

 

この前バイトでいろいろやらかしました。誰が何頼んだか忘れるし売り切れの商品知らなくて売っちゃうし、「English!」って言われたり、いろいろ忘れてたし、お皿割っちゃうしで。てか日本語しゃべれやって思ったけど観光地だしそこは英語使ったけどさ・・・もう泣きそうでした。皿割った後で、歴の長い人に個人的に呼び出されて、いろいろと話し聞いてもらって、注意?アドバイスも受けて、泣いちゃって慰めてもらいました。うれしかったです。もう一人の人とも、後からアドバイスもらったんですけど、ちょっと一日たっても引っかかっているというか、そんな感じなのでここで吐き出させてくださいな。

 

そのもう一人の人が、典型的なというか、笑顔至上主義って感じのひとっだったんですよ。「笑顔が人との壁を超える」とか「笑顔でいる人のほうが良い」とかとか。わたしもね、わかりますよ。笑顔大事です。接客業ですし。ぶすっとしている人よりも、笑顔の人のほうが良いですよ。

 

てかその人に「暗い」とか「ここ話すときは笑顔なのに、お客さんの前では真顔になってる」って言われて割とショックでした。今まで一回も言われたことなかったので。真顔に関しては、たぶん真顔だったと思います。その日バイト行きたくなかったし、別に嬉しいことも何もなかったですし。

 

だからと言ってお客さんに対して雑に扱ってたわけじゃないんですけど、まぁなんというか言い訳並べてるだけですけど、元気ない感じだったんだと思います。

 

これは私の個人的な考えなんですが、もちろん接客で笑顔は大事ですけど、常に笑顔でいると良いこともあれば悪いところもあるわけです。

 

たまにいませんか?なぞに口角だけあげて目が笑っていない人。服屋とか行くとすぐに寄ってきてデレデレした笑顔の人。笑おうと頑張って不自然な苦笑いになってる人。

 

私はそういう人になりたくないし、それだったら素の感じで接客してもらうほうが良いです。前にコールドストーン食べに行ったんですよ。知ってます?そこってたまに歌いながら作ってくれるんですけど、私が母と2人で行ったときにお客さんほとんどいなくて、「歌ってもいいですか!?ニコニコ」「え、あ、はい」「(歌いだす)」って感じだったんです。いやいやいや声デカいから!!うるさくてうるさくて。この人たち自己満で歌ってんじゃねぇのかって思いました。今日は口が悪いですね。

 

人間関係も仕事もそうですが、常に笑顔でいたら精神病みますよ。というか自分は病みました。心ここにあらずって感じで。心は辛いのに顔はニコニコってどんな修行ですか!!もっと人間的になりましょうよ!

 

海外の接客は確かに日本よりはぶっきらぼうだったりしますよ、しかも超目見て怒ってくることもあります。でも人間的です。こっちが丁寧に対応したらニコってしてくれることもあるし、そこに嘘は感じません。ただ冷たいです。そう感じることが多いです。

 

私は海外も好きなんですけど日本も好きで、暮らすなら日本、死ぬなら日本って思ってますけど、やっぱり接客が良いんですよ。安心できるので。でもいい接客って常にニコニコしていることだけじゃないと思うんです。

 

しかもそれを強制されるのは違うと思うんです。

 

笑顔至上主義の方は人生それで乗り越えてきたのかもしれないですけど。笑顔を強制されることで笑えなくなる人間、感情を殺すしかない人間が増えていくこともあると思うんですよ、、、、

 

大学で前、社員研修で笑顔の大切さを語っている会社の社長が来たんですけど、その人は「笑顔はつくるもんじゃない。自分が楽しくないと笑顔になれない」って言ってました。自分で自分の機嫌をとるのは大事ですね。

 

笑顔ってやっぱり、、、と思っていろいろと検索してたんですけど、ページ開いてすぐバックしたくなるような笑顔至上主義の記事が多くて気持ち悪かったです。

 

 これよみたいなー

無愛想のススメ 人間関係が劇的に改善する唯一の方法

無愛想のススメ 人間関係が劇的に改善する唯一の方法

 

 

ではでは