心バッキバキ

友達の就活生に、最近就活どう?って聞いたら、

 

心バッキバキ

 

だそうで。

 

私は、、、、

 

もうなんか日々をたんたんと過ごしている感じがする。

 

この前面接行きましたが、自信はそんなにないし。

 

会社行ったら逆に働くイメージがわかなくなったwwww

仕事内容も、自分がやってみたいかと聞かれたら分からない。そこまで魅力を感じなかった。

 

地方の会社なんですが、もしそこになったら東京を離れることにはなります。

それで憧れのひとり暮らしの予定ですが、実際に地方に行ってみると東京でもいいんじゃないか?と思い始めた。

 

東京ってちっさい街に人やら施設がたくさんあって、緑は少ないけれど刺激が良くも悪くも多い。

 

私はビルばっかりの景色とか通勤ラッシュが嫌なんだけど、東京から少し離れた緑の多いところに住むとか、ラッシュ沿線を避けるとか、いろいろ解決法はあることに最近気づいた。

 

地方に住むイメージがわかない。もちろん地方のほうが家賃とか安いし、自然も多いし、誘惑も少ないけど、、、、、

 

人間関係がそこだけで終わってしまう感じ?東京に支社があるわけじゃないから、一生その地方で住むのかな。東京に帰れない距離じゃないけど、、、、

 

私の中で地方・島あるあるなんですが、人が少ないところにずーーーと一人でいると、東京の人混みとかが恋しくなってくる。友達じゃないけどとりあえず人がいる安心感。

 

でも東京の人混みが嫌になることもめっちゃあるし。

 

地方も都会もいろいろメリットデメリットがあるんだよね。

 

いろいろ考えた結果、自然の多めな東京都内またはその周辺で住んで東京に支社・本社のある会社で働くのが良いのかもしれないと思った。あと個人的に埼玉県が好き。大学が埼玉にあるからww

 

 

 

 

面接経験3回目で思ったこと

・前よりは聞かれたことに対して答えられている。聞かれたことと違うことを途中まで言っているのに気づき、軌道修正することが出来た。前は違うことを言っていたのにも気が付かなかったかも。

・最近の自分の欠点は、「長所・短所はなんですか」みたいな質問に対して、こう答えたら良いかな、この答えも長所でもあるな~と考えすぎた結果、言いたいことが滝のようにあふれてしゃべりすぎてしまうことが多い。企業に合わせようとしている感が逆に不自然な言い方になっている気がする。これだ!っていう答えがいくつかあって、どれを言うか決めてない。

・てかどこまで話せばいいのかわかんねぇよおおおお

・語学をやりすぎて日本語が不自由になっている

・伝えたいことが多すぎる。普段聞き役ばかりなので、面接になるとじぶんが思っていることを伝えるのが難しい。文章ならいったん考えることが出来るから頭の中を整理できるけど。。。。

・私企業にむいてないんじゃね?

・もともとやりたかったこと、漫画家・芸術家・教師・日本語教師・塾講師だったもんなぁ

・やりたいこと=自分を表現する仕事

・企業でできなくね?

日本語教師の資格とればよかったかな、でもカウンセリングルームに駆け込むくらい授業が鬼のように忙しくてしんどかったからなぁ

・ぶっちゃけ、企業で働いたことがないからわかんないよ!!!!!!!!1111!!!!