視覚的な美を求める世界


f:id:waiwaijw:20200923085639j:image

 

"私のIDはカンナム美人"という韓国ドラマを見ています。とても面白い。主人公のカン・ミレは学生時代に容姿をバケモノだと言われて大学入学前に整形して”美人”になったわけですが、そこからの人生ドラマ?恋愛ドラマ?が展開されています。

 

自分も整形しようとはあまり思ったことがないんですけど、それでも容姿に対するコンプレックスみたいなものはずっとあって

 

何か対人関係でうまく行かなかったりすると「私の顔が、、、」みたいな思考に陥ってしまいます。

 

今第5話あたりなんですが、そこで出てきた言葉が素晴らしくてシェアしたくなりました。

 

香水が真の美を持つ理由は目に見えないからだ。香りは目を閉じていても感じられる唯一の美である。視覚的な美の世界がうんざりな人には、この無形の美が癒やしとなるだろう

 

この言葉が誰かの癒やしになるかな。私はなった。

 

副店長と面談した


f:id:waiwaijw:20200908075720j:image

お盆時期の事故からもうすぐ1ヶ月経とうとしています。ただでさえメンタルやられているのに、お盆にお客さんが殺到してヘトヘトでした。まじでステイホームしろよ、お家時間充実させんならネットショッピングしろと思いつつ仕事をしていました。はい、口が悪いです。

 

ところで私はマネージャー(上司)が苦手です。優しい部分ももちろんあるんですけど、ノリなのか本気で怒っているのか分からない部分もあるし、なんかノリの割にはセクハラギリじゃね?って発言もあるし、機嫌いいときと悪いときの差が激しい。こういう言葉で形容するのもあれですが、「生理前の女子かよ」って言っていた友達の言葉に妙に納得してしまいました。

 

で、つい先日、マネージャーに言われた指示をやっていたのですが、その指示に対する私の認識とマネージャーの認識が違っていました。終った報告したんですけど「なんでここは見てないの?」「なんでやってないの」「なんで」と言われ、その時点で泣いていたのですが、「なんで」と言われると返す言葉は全て言い訳になるじゃないですか。ますます何も言えなくて。

 

メンタルが安定していれば受け止めることができるものも、最近は仕事もいっぱいいっぱいで売場とお客さんの前では泣かないように!って決めているのにボロボロ泣いてしまって、こりゃまずいな、相当きているのだなと思いました。

 

以前、尊敬している先輩にも話を聞いてもらっていつでも連絡して良いよとは言われてたので、その人にも言おうか迷っていたのですが、その人に相談したのもつい最近で躊躇ってしまいました。

 

 

結局副店長に相談しました。副店長は私達新入社員の教育係で感情が一定であり「俺はみんなに甘いタイプ」と言うくらい優しい人です。私は昨日の時点で相談すると決めていたのでA3の紙3枚に今の現状と何が苦しいのか、人・仕事に関して詳細に書いたものを準備していました。決して仕事やめたいとか、部署異動してほしいとかそういう思いは無いんです。ただただ先の見えない暗闇の中でずっと迷ってフラフラいるような感覚で毎日が過ぎていくんです。

 

で、副店長と2時間話していたわけですが副店長の話の聞き方が素晴らしかったのでここでシェアしたいと思います。

 

①相手の人格を否定しない

用意した紙に私の性格を書いていたのですが、(真面目、責任感がつよいなど)私の性格が悪いのではないかと思っていました。でもそれを見て副店長は「性格の面は私さんのいいところだから直さなくていい」って言ってくれて、それに救われました。個人の性格や特性は生かされるべき場面が必ずあるので無理に捻じ曲げたり封じ込めたりしなくていいんだなと。

 

 

②共感+悪いとこははっきりいう

基本的に共感してくれました。まとまりのない話になってしまったのですが、「要は〜こうだから〜なんだよね?」みたいな。話したいところまで話させて、「そうそう!」っていうこちらの反応を引き出すのがうまかったです。それとマネージャーの言動で私が「え、、これって、、」みたいに思うことも「それは良くないね、それは変えたほうがいいね」ってちゃんと言ってくれて、自分以外にもわかってくれる人がいる安心感がありました。「〜べき」じゃなくて「〜したほうがいいね」って言う言い方。大学時代のゼミの先生も相手に足りない部分を「〜する必要があるね」って言っていて、こういう語尾の使い方って大事だなと思いました。

 

③話を大きくする

私自身、この悩みが個人的なものであり広がっても同じ部署内で解決するべきものだと思っていたのですが、話していくうちに私個人が抱えている問題が実は会社の人員配置だったり、教育の仕方に問題があったりするということがわかりました。自分の内面、性格だけの問題だと思っていたら別のところにも問題があってそういうのが複雑に絡んでいたってことが、今回副店長に相談して分かりました。最終的に店長、マネージャーに話はいくみたいです。でもそれは私がって言う個人の話ではなくて個人の話から組織としてうまく機能していくための課題が出ているっていうものになって伝わるみたいです。

 

最後はお金をどうやって増やすかとか雑談に飛んだのですが、2時間あっという間でカウンセリングを受けているようでした。海でずっと溺れている状態からポンと浮き輪が投げられたみたいに、心がすごく楽になりました。

 

あのあと、例の尊敬している先輩にも面談することは言ってたので、終わったあとこういう話をしたとか他にも聞いてもらって、同じ部署の新入社員と副店長先輩でご飯に行こうかという話になりました。私が好きな人たちしか来ないご飯会。最高すぎる。しかも私が幹事。はは。

 

事故った

お盆の時期に事故ってしまいました。幸い救急車を呼ぶほどの怪我はなかったのですが、車対車の事故で、私がぶつかった車以外にも駐車場に止まっていた別の2台の車も少し凹んでしまいました。

 

信号の無い交差点、停止線のない道、相手のほうがやや道幅が広い優先道路。事故後から保険会社や販売店との連絡ですごく忙しいです。連絡する度にその時に戻されてしまって、休日もスーパー以外の場所に行く気もなれません。常に40で走ってます。

 

もともと2連休だったので、母を隣に乗せて観光していました。仕事終わりに母を駅に迎えに行って、次の日は車で片道3時間(渋滞込み)の場所へ行って、海鮮丼が食べたいというからお店探して連れてってお昼代も出しました。一緒に海を見て、私が疲れたのでそこから3時間かけて帰りました。次の日は大きなショッピングセンターまで片道1時間半かけて行きました。ちょっと高めのハンバーグを食べて、可愛い服を買って帰宅。電車の時刻が迫っていたので、私は母を乗せて駅に向かっていました。車で3分もあればつくような距離でした。

 

その日はなんだか変な日で、スピリチュアルじゃないですけど何度か危ないなって思う時がありました。すでに事故が起きる日だと決まっていて、起きたような。起こるべくして起きた気がします。なぜかその日だけいつもは使わない大通りより1つ入った道から行ったんですよね。

 

私のほうが割合として責任が大きいのですが、自責の傾向が強い性格ゆえ、家にいるとボーッとしてしまい、保険会社の連絡でそのときに引き戻され、泣いてしまったり、メンタルが落ち着かないです。

 

でも仕事はしなくちゃいけないので、出勤してます。仕事している方が忘れられるので。事故の詳しい詳細を知っている人は結構心配してくれて、自分の事故話とかも話してくれます。ありがたいです。詳細まで知らない人は「大丈夫?笑事故ったの?笑」みたいな感じで言われて「大丈夫ですよ〜笑」なんて答えますけど、実際メンタルは落ち込んでます。

 

今仕事も結構忙しくて、シフトの関係上私が出勤のときは同じ部署の同期2人が休みになっているのですが、いない分自分の負担も大きくなってます。お盆の忙しさもあったし、お客さん対応に誰も反応しないので私が行く羽目になるのですが、そんなことずっとしていると自分の仕事が終わらないんです。でも周りは行かないんです。だから自分が行くしか無いんです。対応することで学ぶこともあります。知識がつくこともあるので自ら積極的に行っていますが、頑張れば頑張るほど負担が大きくて。しんどいです。どうすればいいのかな。

 

私は人生において生きるか?死ぬか?の選択に迫られるような辛い時期が何度かあったのですが、そのたびに必死に人生や生き方と向き合って這い上がってきたのですが、、、今がその辛い時期です。死ぬとかは思わないんですけど、無気力になったり回復したり。人間関係も良くて、仕事も大変だけど頑張ってて、一人暮らしはじめてお金に余裕もできて好きなもの買ったり遊びに行ったりして過ごしてたのですが、事故があってから、「幸せになるな」と言われているような気がして胸のあたりが気持ち悪いです。尾崎豊が歌の中で「俺に愛される資格はあるか」と言っているのですが、私に幸せになる資格はあるのでしょうか、なんて思ってしまいます。あると分かっているんですけど、今は素直にそれを受け止められません。

 

暗い話になってしまったのですが、別の話をすると、昨日池袋で占いをしてもらいました。

恋愛のこと仕事のことを相談しました。多分占いでどうにかしてほしいというより、お金を払って私のこと何も知らない人にただ自分の人生とか価値観とか考えとか迷いを聞いてほしいのかなと思いました。聞き役が多いからかな。なんかオーラ見える人だったんですけど、私は雑誌の編集者とかアーティスト、実業家と似てるオーラらしいです。占い師の人、たまに目線が外れて後ろの方を見てるときがあって、どういうふうに見えてるんだろうと思いました。

 

しばらく1人静かに生きていきます、、🤕

 

 

もう8月かい


f:id:waiwaijw:20200807212100j:image

 

時がたつのは早い。毎日仕事を一生懸命やっていたらいつの間にか梅雨が明けていた。天気がいいのは嬉しいけれど、気温が高くて嫌になる。夏だから仕方ないのよね。季節1ヶ月くらいずれてる気がするなぁ2020年。

 

ここ最近は仕事仕事なんですが、休みの日はIKEAに行ったりアリオに行ったりイオンに行ったり、ザ田舎ライフを送っています。普通に楽しいよ。ストレスたまるとスーパーで爆買いしちゃうんだよね。一人暮らしか??って思ったよね、前は。いつも2000円くらいしか買わないのに4000円とか。イオンとかアリオの食品コーナー魅力的、いつも奮発しちゃう。特にOikosを見つけた日には4つ買っちゃうのよね、あとぶり。ぶりと鮭は見たら買う。うまい。魚焼くだけで簡単だし。

 

一応料理はちょこちょこしていて、最近作ったのは

ぶり大根、ぶりの照り焼き、カジキのコチュジャンソース、鮭のムニエル、卵としめじとお肉のふわふわ炒め、卵とトマトのふわふわ炒め、キムチチャーハン、フレンチトースト、(和えるだけの)パスタ、ナポリタンかな。

いつも同じ食材を買うからメニューも同じになっちゃう。入社したときは三食自炊してたけど、さすがに今は手抜きしてる。でもやっぱり自炊のほうが美味しい。外食が続くと結構しんどい。なんだろうね。

 

普段接客とかして、自分の話をしないからここでどんどんしてしまうぞ。

 

最近の愚痴なんですが、ネットで調べてわかることを店員に聞かないでほしいと思ってしまうな。お客さんに聞かれて普通に私Googleで調べてるもん。あとたまに「急いでるの!」「時間ないから!」「早くして!」みたいなお客さん来るんですけど、いや急いでんなら来んなや(笑)前まではそういう人を見るとどうしよどうしよって思ったけど、今は「すげーテンパってんなこの人」ってボーッと見ながら一応対応しますけど。まじで急いでて店員に当たるくらいなら来んなや(笑)(笑)(笑)(笑)

 

嫌なお客さんに当たったときの感情が、どうしよ→ふざけんなよ→無(イマココ)になってますね。たまにすごい無な店員さんいるじゃないですか、それってもしかしたらこの最終段階に来てしまっているのかな。え、私入社4ヶ月で最終段階来てしもうたのか?ふざけんなよという怒りで相手を跳ね返してたんですけど、そういう感情を起こすのも面倒くさいですね。でも他人の感情のはけ口に利用されるのはいつになっても嫌なもんです。

 

 

そ、う、い、え、ば、例の同期と先輩の恋の行方なんですが特に進展は無いように思われます。が、しかし、あまりにも先輩が同期の仕事をやってあげたり一緒に休憩入ったりするのでこの前色々あって売り場に店員が絶滅したのかってくらいいなかったみたいです。実際は私と同期が休憩に入る時間でマネージャーも了承済み、てかマネージャーがわざと同期に私と一緒に休憩行きな〜って言ったんですが、あとから私が行ったら先輩がいて。入り口超えて入りかけた足、止まりましたよね。休憩室に同期と先輩、あとからくる私、気まず。さすがに売り場に店員が絶滅するのはやばいじゃないですか、そうならないようにみんな休憩ずらして入ってんのに先輩がわざと(多分)同期と合わせて入るなんて。仕事に支障がでちゃまずいですよね、、、男子高校生感で見ていたマネージャーもさすがに「説教だな、、」みたいに言ってたんでいつか説教来ますね。

 

私の方は相変わらず何も無いんですが、密かに尊敬している先輩はいます。仕事できるし、妥協しないで仕事する姿勢が魅力的です。いろんな人に仕事教わりますけど、そこからその人がどういうふうに仕事をしているか、苦労したのか、工夫したのかって使う言葉でわかるじゃないですか。なんかもう神なんですよね。しかもイケメン。なんていうのかな、イケメンという言葉で表すのがおこがましいんだけど、地中海的な美しさ?アジアンビューティーなんだけど弥生的じゃなくて縄文的な顔立ち。一言でいうとアラジン。アラジンの衣装似合う。目が大きくて美しいんです。その人。年上なので接するとき緊張してしまうのですが、仕事のちょっとした悩みとか分からないこと聞くと丁寧に教えてくれます、わざわざ自分の時間割いてくれるの本当にありがたいです。もっと話してみたいなぁ。結構仕事に厳しい人なんですけど、まだ新人だからか私がツボなのか分かりませんが「ふふっ」って微笑ましそうに笑うことがあって「あ、ああ、ああ、」ってなります。何を言ってるんだ私は。とにかく私はこの先輩ともう少し関わりを深めていきたいです。

 

ではでは

 

 

 

 

 

はあ〜つ〜かれた〜

お久しぶりです、気づけば7月も終わりそうですね。

 

仕事の方は割といい感じです。今は物事を吸収する力が強いのか、分からないことを知るのが楽しいので楽しみながらできている部分もあります。それと職場の同じ部署の人だけでなく、パートさんとかと話す機会も増えて人間関係が広がっている感じがします。

 

つら〜〜ってときもあるんですけど、いい面に目を向けてます。前までは「〜が分からなかった」「〜がうまくいかなかった」ってネガティブだったんですが、今は商品の案内とかをしてすごく喜んでくれたお客さんを思い出したり「今日は外線もとったし、喜んでた人もいたし、生きてるだけで花丸〜💮」って褒めています。自分で自分を褒める。

 

今日は閉店間際すげぇやばめな人の一次対応をしたんですけど、前まではバックで泣いてたんですが今は殺していいかな?って思うようになりました。ふざけんなよって。心の中で思って表には出さずに。私は悪くねぇって。あとから別の社員が担当してくれたんですけど、相当やべぇ奴だったらしくて。きれいに一日が終われると思ったら最後にモンスター出現でHP削られたんですけど、周りの人が「怖かったですね」とかその後も気にかけてくれてあまり傷つかずに済みました。はぁ。疲れた。

 

そういえば私の(いわゆる)部署は男性メインで女性はパートさん2人と社員の私と同期だけなんです。で、まあ社員の仕事は社員に教わるので2人でペアで教わったりするのですが、同期と2年目の先輩がいい感じになっています(笑)(笑)同期とはシフトが合わないので、あまりそういう場面を目撃していないのですが、他の人やマネージャーはそれに敏感です。またいちゃいちゃしてるよ〜みたいな。マネージャーもまたいちゃいちゃしてる!って見て楽しんでいる半分、わかりやすすぎでしょ仕事してるの?半分。二人はどうなるのでしょうか。ちなみに私はなーんにもありましぇん。

 

私は不思議なくらい二人のことが気にならなくて、周りが「いちゃいちゃしてる〜!きゃ〜!」ってなっている中、「へ〜」というテンションでいます。別に仕事に支障が出なければいいと思います。嫉妬心も何もないです。クリアな気持ちです。周りが言ういちゃいちゃが、男側が退勤時間を合わせて帰ってたり、品出しを手伝ってあげたりとか。普通にわっちの商品も手伝ってほしい。人が足りないんじゃ。

また何か進展があったら記事書こうと思います。

 

おわり

心配される人になりたかった

今まで組織において、「私さんはしっかりしてる」「私さんに聞けば大丈夫」みたいな立ち位置になることが多かったんです。信頼されているといえばそうなんですけど、そこに至るまで壮絶な自分との闘いや対峙がありました。

 

つらい、悲しい、そういう感情は内に内に抑え込んでいて、100%が限界だとしたら97%ぐらいでやっと人に打ち明ける。そのときは大号泣みたいな。周りを頼れなかったし、本音を言うのをためらって、みんなの前で泣いちゃう素直なひとを羨ましく恨めしく思ってました。私だって辛いんだよ、風呂場に腰掛けてシャワーで涙を流しているんだよって。

 

でもなぜか2020年の私は(?)すごく素直です。周りの人が接しやすいっていうのもかなり大きいのですが、80%くらいで「つらい」「こんなことがあって〜つらくて〜バックで泣きました〜」「鬱です」「大丈夫じゃないです」って言ってます。人生初。

 

ありえないんですよ、この状況。弱みを見せている状態なんですけど。人を選ばず少し仲良くなった(?)社員さんには打ち明けています。副店長とか、同じラインの先輩とか、サービスカウンターのパートさんとか、同期とか。

 

 

そうするとみんなすごい心配してくれます。私が羨ましく思っていた素直な人の状況に今自分がなっているんです。気にかけてくれるし、アドバイスしてくれるし、人の優しさに感動しています。それで「弱音ばっか言っちゃだめだ、この人たちのためにも頑張らないと」って思って立ち直ります。すぐぺしゃんこになりやすいんですけどね。

 

正直に気持ちを話すのも悪くないんですね。それに何回も同じ愚痴やネガティブなことを言うと分かるんです、「あ、私またこの話してる」って。やめようやめよう。現実を見なきゃってなります。今の私は人に心配されたいだけかな?とか人のために働くことって最終的には人の評価に依存しちゃうのかなとか思考したり。

 

 

サービスカウンターのパートさんとは自分が気持ちを話したことがきっかけで仲良くなりました。それも嬉しいです。心配して声をかけてくれる先輩に「めちゃめちゃ助かってます」って感謝すると嬉しそうにしていてそれも嬉しいです。

 

今年は立場や年齢関係なく、この人には話したいと思ったらすごく正直に話しますし、もっと深い話、例えば仕事論とか人生とか価値観とかそういうのを共有し合いたい欲があります。

 

話変わりますけど、この前職場の飲み会があったのですが同じラインの先輩が女性アイドル好きと知って驚きつつも「あ〜なるほど」って思いました。同期の中でその先輩は悪く評価されていることは全くないのですが、「ボソボソ話すからたまに分からない」という意見があって、すごいすごい偏見なんですけどアイドル好きのヲタクさんって結構早口だったりする気がして先輩が当てはまっててなんか納得してしまいました(傷つけたらごめんなさい)

 

それとマネージャーがお酒飲んで顔が真っ赤だったんですが、目も真っ赤で焦点あってない感じで話が通じてる?のかよくわからなくて、目もパッチリな人なので「なにかに似てるな〜」と思ってたんですよ。そしたらわかりました。青鬼です。顔は赤いけど。顔が赤い青鬼が飲み会にいてゾッとしました。私はマネージャー苦手です。機嫌の波があるので。リアル青鬼に追いかけられたら失禁します、きっと。

 

 

 

 

新入社員Lv.1


「新入社員はLv.1の状態!打たれ弱いわけではない」 先輩社員の心得をRPGに喩えた投稿が話題 | キャリコネニュース

 

 

ずっと病み記事が続いていたのですが、今日で終止符を打つことができそうです。上記の記事を見つけて、「私はLv.1....故にすぐ爆死する...Lv.1の割に頑張っている...おつかれ自分...」って思えるようになったり、「Lv.1頑張れ!!」と客観視ができるようになって、気持ちは少し楽になりました。

 

それと仕事で辛かった話をいろんな人に聞いてもらいました。同期やパートのおばちゃん、先輩、内容は細かく言ってないときもありますがみんな心配してくれたり優しい言葉をかけてくれました。

 

今日もそういう話をしたんですが、それと同時に「あれ、、?自分この話何回目、、?言うほどもう辛くないんじゃね、、?」と思ってきました。愚痴を言うのにも飽きるんですね。

 

辛くて仕方ないときは申し訳ないけれどいろんな人に飽きるくらい話すといいのかな、、?

 

周りに貢献できているかという不安はまだあるし、褒められたいとか感謝されたい気持ちもあるんですけど、そんなことよりも私の話を聞いてくれて優しい言葉をかけてくれる人がたくさんいたってことに今になって気づいて反省と感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

私の担当グループの人は男性が多いんですが、良い人が多くてそういう人たちに救われています。ほかはお局が怖くて辞めちゃうとか聞くので、、

 

周りの人たちに感謝しながら、今できることだけを一生懸命頑張りたいと思います。入社して3ヶ月のLv.1はLv.50の人にはかなわないんです。だからLv.1はLv.1なりにできることをするしかないんですね。自分は一日でLv.50を目指すようなことをしていたのかもしれません。とにかく愚痴は今日で終わりにして、気持ちを切り替える準備もできたので淡々と仕事をこなしたいと思います。

 

そして今までの愚痴記事を読んでくださった皆様、スターをくれた方、コメントをくれた方ありがとうございました🙏病みからの回復、心のメンテが整った感じです。現在は。

 


f:id:waiwaijw:20200624214408j:image

 

最近お花の定期便を始めて、ひまわりを選びました。生花って色が綺麗ですね。匂いも良いし。ひまわりって茎の部分に毛が生えてるんですよ。ふわふわの。よく見ないと分からなかった。